東大卒教育起業家の奮闘記

塾長・社長・大学の客員講師として頑張る 林 俊介 のページです。

数学オリンピック向けの指導

最近,訳あって数学オリンピック (JMO, IMO) 向けの指導を始めました。

オンライン指導をしたり,答案の添削をしたりという感じ。

日頃の発信活動が功を奏したんですよね。

 

で,思ったんです。

数学オリンピックって,穴場じゃないか?と。

YouTube では数学オリンピック関連の問題を解説している方がちらほらいらっしゃるのですが,数オリ向けの「講座」をやっている塾ってほとんどないんですよね。

 

これが穴場である原因は,一重に「難易度が超高い」ことにあります。

数学オリンピックの問題自体がハイレベルであるため,講座を開ける人があんまりいないんですよね。

問題を解くことはできても,問題を作成してその解説を用意できる人はそう多くありません。

多くない,というかほとんどいないんですよね。

予備校の数学の先生とかでも一苦労だと思います。

厳密な論理的思考が絡む問題は,一般に問題を作成する方が大変なので。

 

数オリ向け指導を開始した生徒は,基本的に問題を自作して,生徒に解いてもらっています。

こういう系の問題は個人的にも結構好きで,過去にそれなりの数作問してきているので,講座を始めることはギリギリ可能と踏んでいます。

幸いなことに,その生徒はこちらで用意した問題に没頭してくれたようです。

なかなかご飯を食べに来ないので困る,とおうちの方からご連絡を頂戴してしまいました笑

 

数学が好きな子供たちにとって,数学オリンピック関連の問題は本当に楽しいんです。

でも,世の中に数学オリンピック向けの問題ってそんなに多くないんですよね。

過去問題集くらい。

ちょうど自宅にいるばかりの時期ですし,オンライン指導や添削という形で「楽しい学び」を提供できたらなと思っています。

 

あくまで通常のオンライン家庭教師が中心ですが,空いた時間にちゃんと(講座として)準備していきます!